プロの写真仕上がりには秘密があった?!

「頑張って良い写真をいっぱい撮影するぞ」

一眼レフを購入した方は誰もがそう意気込んで撮影を始めると思います。
けれど実際「良いのが撮れた!」と思ってもなんか違う・・
そんな事はありませんか??

良いカメラで撮影してるから写真自体はクッキリ綺麗に
撮れているのに、なぜだかプロが撮ったみたいな感じにならない。

そういった悩みを持っている方は多いのではないでしょうか。

「プロの写真」とは

そもそも「プロの写真」とはどんなものをイメージしますか?

・ピントがしっかり手前に合っていて、背景がぼけてて良い感じ
・特に屋外で撮影された写真では絶妙な色味が出ている

上記のような感じだと思います。

勿論、プロが使用しているカメラやレンズは驚く程高価な物がほとんどですが
実はそれだけではありません。

プロのような写真を撮る方法

「プロのような写真」はただ単に一眼レフカメラで撮影して終了というものではないのです。

写真は基本的に加工するもの

プロは写真を撮った後必ずと言って良い程パソコンに取り込んで手を加える作業をしています。
どういう事を行っているかというのはインスタグラム等でイメージすると分かりやすいですね。

彩度を上げてクッキリみせたり、トーンカーブをかけて明るくしたり等
撮影した写真を更に良く見せる為に加工をかけて行く作業は欠かせません。

写真の加工方法は?

画質にこだわりがなければスマホに取り込んだ後写真加工アプリやインスタグラムの
アプリ内の修正で十分です。

しかし、実際スマホでは出来る事は限られていますし、
加工するたびに画質が下がる懸念がどうしても発生します。

SNSでの使用であればスマホアプリでOK!

SNS投稿だけだったらウェブ上での表示なので多少画質が下がっていたとしても見分けがつかない程ですが、
年賀状だったりポストカードだったり実際に印刷する場合は注意が必要です。

印刷する場合はPCで修正を

ウェブ上での表示と、実際に印刷する場合はRGBとCMYKで出力方法が違うので
「インスタでは綺麗に表示されているのに、印刷したらぼやけてしまって変!」なんてことが
起こってしまいます。

実際に印刷し得る写真の場合はPCに取り込んでphotoshopなどのソフトをを使用して
加工することをお勧めします。

彩度等の修正も、PCに取り込んで専用ソフトを使用すれば「背景の紅葉の色味をもっと赤っぽく出す」だったり
人物だけに修正を書けて自然に肌の色を明るくトーンアップする等、細かな画像の修正を施す事が可能です。

修正を覚える事で、写真の楽しさがグーンとアップします。是非試してみて下さいね!